スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にリムからタイヤを外しました

先日のトレイルでリアのサイドをカット気味にパンク。
見た感じの穴は小さそうだったのでノーチューブを入れ直してみる事にしました。



準備物はこんなもん。
応急で入れてたチューブを取り出して、中を適当に掃除してタイヤをつけます。

そして、おもむろにノーチューブを注入。
専用の注射器もあるんですが、ビンボーな鮫はオイラーで注入(笑)
目盛りもついてるし、必要充分です。



この後に空気をいれて、ビートを上げる時に、上げた後で入れたら良かったと後悔。
何年かぶりの作業だったので、すっかり忘れてます(笑)

最初はフットポンプでビート上げを試みましたが、一人ではしんどかったので、コンプレッサーでシューーーーパンパン!!!とサクっと完了!

バルブを装着して空気を入れたら、パンク箇所からエア漏れしてます。
タイヤを傾けてシーラントがパンク箇所にいくようにしたら、ピュッと飛び出て止まりました!



久々の作業で、お漏らしもしちゃいました。



とりあえずは使えそうです。
今回の注入は100cc。
いままでの経験からして、充分止まるし新たにピンホールが開いても止まるはずです。
ケンダのタイヤはクロスマックスとの相性はかなり良くて、シーラント無しでもビート上げは出来て、だんだんエア漏れする感じ。
マキシスも良かったですね。
ちょっとしんどいのはIRCですかね。
スペシャはどうなんだろう。

改良計画には、タイヤのサイズアップも含まれてるので、それまでの繋ぎかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鮫

Author:鮫

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
潮汐表(宇和島)
愛媛県-宇和島
提供:釣り情報フィッシングラボ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。